IPAが発表した最新の脅威とは?

IPAが発表した最新の脅威とは?

概要

情報セキュリティは日々変化する分野です。IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が先日発表した「情報セキュリティ10大脅威2024」によると、2023年に社会的影響が大きかったセキュリティ脅威は昨年と変わりませんが、新たな手口や技術の進展に対する警戒が必要です。

「情報セキュリティ10大脅威2024を決定」のURL: https://www.ipa.go.jp/pressrelease/2023/press20240124.html

この記事では、IPAの発表内容を基に、これらの脅威と実例などを取り上げているサイトを紹介します。

トピック1:ランサムウェアによる被害

ランサムウェアは、データを人質に取り身代金を要求するサイバー攻撃です。予防策には、定期的なバックアップ、セキュリティソフトウェアの更新、従業員教育が重要です。

実例など紹介記事:

NHK:  サイバー攻撃「ランサムウェア」被害企業の9割 “業務に影響” URL: https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230921/k10014202091000.html

トピック2:サプライチェーンを悪用した攻撃

サプライチェーン攻撃は、企業の信頼できるパートナーや供給者を標的とするものです。これに対抗するには、サプライチェーン全体のセキュリティを強化し、定期的なリスク評価が必要です。

実例など紹介記事:

トレンドマイクロ: 2023年、サプライチェーンにおけるセキュリティリスク動向~被害事例にみる企業が直面するリスクとは? URL: https://www.trendmicro.com/ja_jp/jp-security/23/k/securitytrend-20231113-01.html

トピック3:内部不正による情報漏えい

従業員による情報漏えいは、機密情報の不正な取り扱いや誤った操作によって発生します。対策としては、アクセス管理、内部不正防止ガイドラインの策定、従業員教育が挙げられます。

実例など紹介記事:

IPA: 組織における内部不正防止ガイドライン: URL: https://www.ipa.go.jp/security/guide/insider.html

トピック4:標的型攻撃による機密情報の窃取

標的型攻撃は特定の企業や個人を狙い撃ちにします。これには、メールのフィルタリング、従業員のセキュリティ意識の高揚が効果的です。

トピック5:修正プログラムの公開前を狙う攻撃(ゼロデイ攻撃)

ゼロデイ攻撃は、セキュリティの脆弱性が一般に公開される前に、その脆弱性を利用するものです。迅速なパッチ適用などが対策として重要です。

実例など紹介記事:

株式会社ラック: ゼロデイ攻撃とは?増加の原因や企業がとるべき対策をわかりやすく解説 URL: https://www.lac.co.jp/lacwatch/service/20230803_003446.html

まとめ

情報セキュリティの脅威は、年々進化しています。企業や組織、そして働く人々は、IPAが指摘するこれらの脅威を認識し、適切な対策を講じることが重要です。セキュリティ対策には、継続的なリスク管理と教育、技術の更新が必要です。


ご相談・お問い合わせ  →

click me!